超楽しかった翌日のリバウンド凹みが来ている

同じ映画を2回観る体力がなくなった。

1回観たものを繰り返して観るのは時間が勿体無いなと思った自分が嫌になった。

益田ミリの新聞エッセイを職場の人が切り抜いて持ってきてくれて読んでみたら、「オタクって羨ましい」「熱中できる、好きなものがあるのは(異様な阪神ファンだった自身の父を含めて)かっこいいと思う」というようなことが書いてあってちょっとよく分からなかった。嘘、彼女の書きたいことは分かるんだけど、その「好きなものがあるっていいな」という感覚を理解できなかった。これはオタクの市民権の話と似たようで違う、個体としての感情の差の話。私はオードリーの若林さんが好きだし一生漫才とラジオをやっててほしいしグッズのパーカーだって買うけれど、潜在能力テストを観たりスクール革命を観たり日向坂の番組を観たりはしない。あちこちと、ラジオと、エッセイと、ノートと、あと対談ぐらいだ。この押さえるポイントが人によって変わるのはあると思う。ジャニオタの先輩はLINEスタンプ購入はもちろん、1時間のバラエティの1コーナーに出演するのだって録画するし1冊のうち2ページしか載ってないような雑誌だって買っていたし、とにかく出演するものを全部押さえていた。この先輩みたいな行為のことを「オタクがする一般的なやつ」と思ってるから「好き」に対するハードルが上がってるんじゃないか。違うのかな。

ここまでしないと「好き」と言ってはいけないみたいなものを感じる。そんなことないのに。自分の感覚の手綱がどこかに行ってしまってることに気付いてない、というパターンも考えられるけどだいぶ怖い。


記事を読んだ時、今は産休に入っている職場の人に「あなたは好きなものがあって羨ましい。わたしにはそんなにハマれるものはない」と言われたことを思い出した。私の周りには「これが好きでさあ」と話すような人しかいなかったから。強いて言うなら大学の時の知人がその好きなものが分からないような感じだったかなあと思う。全て疎遠になったから今はもう分からないけれど、彼女らが熱狂的にこれが好き!と話していた記憶がない。県下の進学校に進んで、県下の大学に入って、そのまま地銀にパン職で入って早めに結婚するのが安全だし正解だと信じていたひとたち。青文字系を進行していたひとたち。何を話していたのかも思い出せないもう4年も前の話。そういうことなんだろう。


好きなものが無いのではなくて、感情の振れ幅が5ミリずつくらいしかないのだ。もしくは、好きと主張するためのチェックリストが異様に多い。自分で思えばいいだけなのに。誰に向かって言ってるんだろう。


この前都内の友達と話していて、地震に新しい株に大変そうだけどたまにザマミロと思ってしまうとボヤいたらいや東京の人間はそんなの気にしてないし地震に関しては「え〜?」という感じでオミクロンに関しても「なに、新しい株〜?」というノリで何一つ動揺もショックも受けてないし大変じゃないよと言われて「ああ」となった。そんなもんなんだろうな。


1か月くらい前、部屋の整理と周りの動きを見ていて悔しいと思った。

自分で手に入れたはずの、扶養を抜けてもちゃんと歩いていける道が今はまた畦道になっていることが許せなかった。石畳の綺麗な道だったはずなのに。取り戻したいと思う。前は悔しいと思うことも恥ずかしかったし取り戻すなんて考えるのもみっともないと思っていた。でももうそんなのは言ってられない。手綱を離したらどうなるか分かってきてしまった。怖いと思う。

畦道を抜け出したい。その為に何が必要で、どういう風に動いていけばいいのか考えている。







とっ散らかった

程度の軽い潔癖である。


ペットボトルに口をつけられない。

スマホは毎度除菌シートで拭く。

映画館でものが食べられない。

百貨店以外の御手洗いに行けない。

コンビニで買ったものはセロファンを取る前に必ず外側を除菌シートで拭く。


小学生の頃からそうだったからもう性質なのだと思う。他人の行動に対してもそう。いつだったか、飲み屋で話しかけてきた駆け出し建築士の男性が「俺はさ、やりたいこととか全然ないけど友達が院に行くって言うから行ったんだよね」と言ってきてあー無理ゲロゲロとなり、上司が「家と車となんやかんやで45なのに借金が3000万もある」とドヤ顔してきたときもうわキツ無理無理となった。


前者に対する模範回答:そうなんだ〜!

後者に対する模範回答:え〜そんなに!?すごい!


実際の私の回答:え、大学院の話だよね?高校選びではなく?本気で言ってる?え?

実際の私の回答:3000万ならすぐなんじゃないですか?


場は凍りついたし、一緒にいた友人も先輩も私に「大人になれ」と言った。その場その場で相手を気持ちよくさせる発言をするのが大人としての振る舞いなのか?無理なんだが?というのが25の時の私の考えで、若いなと思う。仲の良い友人以外とする会話には最低限のルールと球の指定がある。私はいつもフォークを投げたり盗塁したりしていた。ちなみに26の今、そういうおべんちゃらを言わなければならないシーンでは「これ言っときゃ機嫌良くなるんでしょ?うける」と思いながら、腹の中で見下しながら言っている。もう滅多にないんだけど。

あんまり進歩してるとは言えない。しかも絶妙に小馬鹿にしたニュアンスで言うから余計タチが悪くて、両親には「お前はいつか刺される」と言われ続けている。


私は多分自分の頭を使わずに流れでやってきたことを「いけてる」風に考えてたりするべき努力をしてこなかったことを自慢気に語ったり大小はあれど悲劇に見せた褒めのかつあげをやろうとする人間が嫌いで、「つらい方がえらい」みたいな論を振りかざす人間にシャッターを下ろす。

ちょうど今読んでる雨宮さんと岸さんの対談集で『文化系は身体性に弱くて体験主義に弱すぎる』だったり『持っていることをバカにする』だったりが出てきてうわうわすごいすごいとなっている。2016年。

昔は「あの人持ってるフリして持ってないんだって(笑)」のノリだったのが、「あいつ俺たちと同じ顔してるくせに金もあるし顔もいいじゃねえか。持ってるじゃねえか。そんなんで辛いぶるな」ってなってるらしいよ。2016でこうだったんだから6年経った今はそれがもっと進んでるんだろう。実際にそういう発言をヘドロの底で見たところだったから余計に怖い。辛さとか、苦しさとか、貧しさとか、恵まれてなさとか、そういうものが聖なるものになったらおしまいだと思う。蜘蛛の糸のラストみたいなことになるんじゃないか。お前ばかりずるい、俺だって欲しい、そういうの。

卑しいと思う。

その卑しさがまっとうな努力を潰しにかかるのが本当に嫌だ。

リバウンドなのかなと考えたりする。いわゆる昭和以降の、いい車に乗っていい企業に勤め素晴らしい家庭を築くために身を粉にして働き嗚呼私たちの作る資本主義社会、負けたくないなら死ぬ気でやれ差をつけろ、お前が休んでいる間にあいつはウンタラカンタラ。あれの反対意見として頑張らないが出てきて、それを怠惰とすり替えたやつがいて、動物は楽な方が好きだし脳はすぐうまさを覚えるからそっちに流れていく。その結果が今だ。足も手も頭も目すらも使わずに指一本ですべてを知った気になって150倍希釈された情報を見て文句を垂れる。気分が悪い。

でも生まれ育ちの圧倒的格差は絶対的に存在していて、しかも私はそれに恩恵を受けているタイプで、自己矛盾で苦しくなったりする。

矛盾を「それもまたよし」と思えるほど成熟していない。一貫していろと思う。潔癖なので。


頭が散らかってきていてずっと何かを打ちたかったんだけど、これが本当に言いたかったことなのか分からなくなっちゃった。昨日の夜中にGmailのフォルダを整理していて見つけた、前職の社長が私の退職時に送ってきてくれたメールのある箇所。


よく茨の道を行けとか艱難進化を与えよとかいうけどそんなのついてないやつの言い訳です。人生楽をするのがいちばん。怠けるのとは違うよ。自分のエネルギーは使うけどそれ以上のことはしなくてよいということ。


まあこれだよなあと思う。

ただ、これをやれる人間とやれない人間がいることも知ってしまった。東大を出て黒字を膨らませ海外支店をポンポコ出せる人間と、たとえば田舎のホームセンターで開店作業をする人間と、エネルギーの出力方法がまず違う。それこそ搭載されてるエンジンからして違うんだろうなと思う。出し方を知れる/知れない の前にある天井にため息をつく。


ほうじ茶が冷めてしまった。



追加。

私はきっとそう悪くないエンジンとエネルギー出力装置を持っている方だと思うから、もったいなくないように頑張りたいと思う。真面目にやりたい。





お昼は白身魚と小松菜とおにぎり(胃腸に優しく)

ここ最近体調が良くない。

胃腸をやられてポカリとおうどんの暮らしになったかと思えば微熱が続いて身体がダル重になったりしている。

免疫力向上を狙ってココナッツオイルを適度にサラダにのっけて食べているのに何故。解せない。

そんな感じでうとうと昼寝をした日曜日、1社目の夢を見た。私はまだそこに在籍していて、帰省で実家にいるという設定で。「あ〜明日東京に帰らなきゃいけないな〜だるいな〜熱出たって言って休も〜」とめちゃくちゃナチュラルに考えた自分をしっかり覚えていて、起きてその事実にかなり引いてしまった。癖になっとるがな!!耐えろや!!!それは辛さでなく甘え!!!こわ!!!!

今の仕事は「今日いけません、グスン」をやると厳しいことになるので良くも悪くもその半強制的な出勤に割と助けられて/鍛えられてきたんだな...と思うなど。前はよくあった、晩に「あーだめだ、明日休も」と決めて翌朝連絡をするムーブをもう随分やってない。そんなことしないのが普通(この普通っていうのも嫌いだけど、少なくとも私の周りで私みたいなムーブをしていた小中高大の友人はいなかった)で、当たり前のことなんだけど。苦しいとか辛いという気持ちは本当だったけど、それにかまけてめちゃくちゃ怠惰になっていたんだなとも思う。おそろしや。人間は簡単に楽な方に流れるしマヌケになる。だらだらするのが好きとか、頑張りたくないとか、それを本心から言えるならもちろんそれで良いんだけど私はそうはなれなかったから。頭痛いな〜と思いながらとりあえず出勤する。ダメなら半日で帰る。ハナから投げるというのをしない。それだけで、何かに対する罪悪感がだいぶ減った。これは「耐えるのが美徳」とかそういうのではなくって、「なるべく投げない」ことの満足感に対する気付きの話。

もう26なのに未だにそういうことで「なるほどね?」と思ったりしてしまう。社会人で言ったら4年目のはずなのに!!


ただ、結構疲れているのは事実だから来月あたり連休を作ろうと思う。有給をくっつけてさ。前もって「ここ休むんで」といって手に入れる休みと当日に「行けません」で手に入れてしまう休みの差よ、気持ちのよい1日としたい。


あと最近思ってるのは、「ひとの好きなものを好きになるにもエネルギーがいる」ということ。職場でBTSがめちゃ好きな人がいて、私は一応メンバーのお顔と曲が少しわかる程度なんだけど、私と同じくらいの理解度だった先輩が「えーそんなにあなたが言うなら調べてみるよ!」と言って見事にハマり、こないだ例のガムを大量に買うとこまで行っていた。めちゃくちゃ楽しそうである。相手の好きなもののことをもっと知りたいって思えるってめちゃくちゃ元気で素直で素敵なことだ。素体のポテンシャルもあるんだろうけど...。私も楽しそうなことにフットワーク軽く飛び込んでいきたい。さっさと体調戻して健康になるぞ。

好きなもの派生でひとつ、私の好きなゲームにTwitterのお友達がげきハマりしてくれてめちゃくちゃ嬉しいのと楽しいのとで毎日にこにこしながらタイムラインを眺めている。自分の「これ好きなの!!」に誰かが共感してくれたり理解してくれたりするのってすごく嬉しいね、ひとりでコソコソ楽しんできたから毎度「クゥ〜ッ!!」となっている。

アイドルマスターシャイニーカラーズはね...良いんですよ...推し(とか好きなもの)についての話もブログに書きたいなあと思うのに、思うだけで終わっている。こういうのもやめたいなあ。書き出したらズルズル出てくるのにね。ハリーポッターダンブルドアが頭に杖つけてなんか白いのズルズル引き出して水に浮かべるシーンあるじゃん、もうほんとあれになる。糸は切れないけど...綿菓子みたいにくるくる巻かないと多分終わらないけど...だからかなあ。長くなるってわかるし掘って掘って掘った先に何があるのか分からないし怖いのかもしれない。ホホホ。


バファリンが効いてきたから午後もやれそう、今日もさっさと終わらせて定時で帰るぞ!



犬と同居

先週から同じ部屋で犬と暮らしている。

ゲージがベッドのすぐ横にあるのは動物と暮らし始めて16年経っても初めてのこと、結構面白いので忘れないように書きたい。


定点カメラを置いて、部屋の温度と彼女がぐったりしてないか&悪さをしてないかを細かく確認できるようにしている。

↓これは昨日の朝私がカーテンを開けた時

f:id:turatura:20210921134433j:plain


この目線の先に私のベッドがある。


1日5回に分けてカロリーを摂る彼女は、うちに来てすぐの骨が浮き上がったゴチゴチ状態から少し大きくなった。よく跳ねるし、よく遊ぶ。つい一昨日までは抱っこをしてカタカタ震えていたけれどだいぶ慣れてきた。


↓これは今。だいぶ部屋が寒い(22度)ので遠隔操作で室温を上げた。

f:id:turatura:20210921134751j:plain


なんか変なとこを見てるな...何見てんだろう。


私の部屋、前々から「なんかいるな〜」と思ってたんだけどチビが何もないところに向かって吠えたり尻尾を振ったりするので「うん」と確信、もう少ししたらまたお香を焚こうと思っている。

昔からちょいちょい嫌な感じがしたらお香を焚く癖がある。


彼女と同じ部屋で暮らしはじめて、深夜の闇落ちが少なくなったように思う。この小さなかたまりを見ていると口角が上がって「まあええか」となり、眠くなる。セラピー...。こんなに一生懸命生きてる命があるんだから...となるのは毎度のことだけど、その度にパワ〜をもらってしまうな。

朝起きて、ベッドの反対側までもぞもぞ頭を動かしておはようと言う。フルパワーであいさつをしてくれる。ちゃんと寝てるのか不安になるけど。

トイレをおぼえること、おもちゃを振り回すこと、先住犬とのご挨拶、彼女の毎日が目まぐるしく変わっていってるんだろうなと思いながら一緒に暮らしています。

GoProも買って、なんやかんやで成長記録をつける気満々です。ふふふ。


今のところ、細いおもちゃ→歯応えの良いおもちゃ→軽いおもちゃ→音のなるおもちゃ の順にテンションが上がっている。紐系か〜あぶないな〜ウーン...と思いながら様子を見る日々。







温泉いきたいな〜


湯と文学のまちで育った。

学校帰りには幼馴染と近所の温泉に行って、その時の気分で死海の塩を買って肌に塗り込むような子どもだった。小学校の卒業式前にも行ったのを覚えている。札止め明けの、いちばんきれいなお湯の中で泡と踊りながら「中学もがんばろうね〜」などと話していた。

坊ちゃんは絶対読まされたし、町探検では温泉街を歩かされたし、長期休暇の宿題には絶対俳句を作らされる。そういう環境だった。

東京からここに戻ってきて、新しい仕事を始めて、もうすぐ1年になる。さっき職場の人に「もう長いこといる気がするけどね〜」と言われてヘヘヘと笑うなどした。昨日はややこしい作業をひとりでミスなく完結させられてよかった。

山陰地方で暮らし始めた幼なじみから「限界」と連絡が来て、意外とこの街がちゃんと流行りに対応していてミーハーな県民性だったと気付く。排他的ではないらしい。お友達に「エルメスがない土地がある」と教えてもらってヒョ〜と思ったものだけど、幸いなことにこの街にもそれは出店していて、たまにお客さんがいるのを見る。ここを出るまでは「何もないクソ田舎である」と評価していたけれど、出て戻ってきて分かるものもあるんだなあと超当たり前のことを感じたりしてしまう。

湯の質がいい。(そして湯処が多い)

新しいものがちゃんと上陸する。

大きくて整備された緑地の公園もある。(よくランナーがお堀の周りを走っている)

それだけで、結構充分なんだよなあと思ってしまう私は日和ってしまったのかもしれないな。


この感情と並行して「3ヶ月くらいどこかの土地で暮らしたーい」という気持ちもすくすく育っているから混乱する。根無草になりたいわけではない。

どこかに行きたいのかなあ。

安定してくると壊そうとするいつもの癖なのかもしれない。

崩れることでバランスを取って、崩すことまで考えて予定を立てる。やだ〜!!!そういうのも、もうやめたい。崩さずにちゃんとやる方法だってあるはずなのだ。前に進むぞ。


この週末は温泉に行きたいなと思っている。

湯上がりに飲むのはボルヴィック。昔は牛乳が飲めなかったから、瓶のそれを飲む友達の横で青くてやわらかいペットボトルからこれまたやわらかい水を飲んでいた。

人のいない一番風呂を狙ってるけどどうかなあ。

ほこほこの顔で、湯上がりで〜すの顔をして歩いて帰るのをやりたいな〜。




あついね


3連休はずっとシャニマスをしていて、好みの女の子を優勝させるのに必死だった。あらゆる情報を切っていたから閉会式でchosen familyが使われたのを知ったのは月曜で、まあるい殺意というのが国に対して生まれたりした。案の定ツイッターのLGBTQ界隈は荒れていて、どうして...という人もあれば噴火している人もいた。SNSで暴れている様を見るのが辛くなったのがいつからか正確には覚えていないけれど、私は少し前から「降りたい、でも好きな人たちの生活をチョロと見るのは楽しい」の狭間にいて、ウーンとうなりながら見たり見なかったりしている。


多様性を掲げるのに実際は何一つ認めていない日本は終わっているというツイートを見た。

多様性。

もう私は最近この言葉が苦手になってきているんだけどどうなんでしょうか。スポット的なものかもしれないけど、女らしさの押し付けには敏感になっているのに男らしさのそれに対してあまりにも無自覚というか、「〜べき」をかなり無意識にやっている人間が多い気がする。男の人ならこうしてほしい〜とか、彼氏になるならこれじゃなきゃいや〜とか、しんどいしんどい、しんどい!!お前、逆サイドの人間が「女ならこうしろよ」とか言ったら即SNSに書くじゃん!みたいな...自分自身の行動と思想があまりに差別的なことに無自覚というのは怖い、多様性ウンヌンじゃ無くても思う。思う機会が多すぎる。

先々週のあちこち観て思ったこと、おじさんという言葉が許されるのにおばさんにはめくじら立てるとかその典型じゃないですか?

おじさんもNGにするか、おばさんをOKにするかのどっちかしかないよね、フェアじゃないじゃん。自分が泳ぎやすいエリアの拡大だけしてんじゃないよって思う。「俺が生きやすいように」なシステムを構築した、昭和のサラリーマンと根っこのところ同じじゃないですか。いやこんなことみんな分かってると思うし今更だよねってなるんだけど、閉会式のアレとかLGBTQに物申す的な動画とか目に入りすぎてウワーとなってしまった。物申すな。お前は男として生まれて女が好きなことに物申されたことあるのかよ。


多様性って言葉が便利すぎるんだよな、そういえば小野不由美が5,6年前の何かのエッセイで「エモい」という言葉もいつか消費尽くされて終わるのだ とか書いてあるのを読んでまじでその通りになったなと思ったんだけど、多様性も同じく早く消費し尽くされてほしい。

認める認めないじゃなく、ただそういうふうに「在る」ような暮らしが当たり前にならないかな。無理かなあ。ぬるいこと言ってんだろうなあ。


あとなんだっけ、まだ言いたいことあったんだよね。

アレだ、子を産んで生活が苦しいとか言うのはアホだ、わかってるんだから産まなきゃ良いじゃん/なんで産んだの のやつ。

いやそこじゃないでしょう、と思ったんだよ。私は実際だいぶ前までこの考え方で、「アホがアホを産む」とか思ってたんだけど間違ってたなあと思う。

そりゃ1人育てるのにかかる費用を出せないまま産んだ(実際にある、見る)はあちゃ〜と思うけど、後から事態が変わったパターンだってあるんじゃないかなあ。

私は産んだことないから分からないけど、不測の事態の連続らしいじゃないですか、1人の人間を育てるのって。それをさ、ニュースの一場面だけ切り取って「若いのに産むから殺す羽目になった」とかさあ。ううん。産後のストレスで激太りした人間に対してもそう、「なんでストレスがかかることを把握してなかったの?」じゃないんだよ。鬱じゃんあれ、産後鬱。ただ目の前のことを頑張ってやって、夜泣きと数時間ごとのミルクで疲労困憊して、眠れる時間も手をかける時間もなくて、救いが食べ物になった...って言うのも分かる。想像がすごくできる。それに対して「いや私は太らなかったし」とかは違うんだよね、そんな突き放し方ある!?

ここまで書いて昼休みが終わって、家に帰ってごそごそしてそのまま寝ていた。

翌朝です、おはよう。

さっきインスタのタイムラインをばーと眺めていたら橋本愛さんが可愛らしいポーズで写真をあげてらして、「あー懐かしい、なりたかった脚だなあ」となった。高校生の頃の私がなりたかった脚。カモシカというよりバンビのような、直線のそれ。懐かしいな。マウジーのサイズ0を履くのに必死だった。実際履いてたけど、こないだ足つっこんだら脹脛までしか上がらなくて爆笑してしまった。

あとKOKIさんのお尻が良すぎて二度見してしまった。なんじゃその曲線。お尻の写真でよくあるような、骨盤を前傾にしまくって腰反らすみたいな小技をつかってないのカッケ〜!!

惹かれるところが変わったなあ。

ちゃんと止まってないな、よかった。

残り3日頑張ろうね〜〜〜。




筋トレのこと

写真を整理していたら、去年の春前と少し前に撮った後ろ姿が出てきたからコラージュを作ってみた。
びっくりした。

f:id:turatura:20210627130219j:plain


上がビフォーです。

目も当てられない酷い有様である。

重い鬱を抜けて、断薬して、引っ越しも重なって、過食が止まらなくて1番苦しかった時だなあ。でも腹筋はめちゃくちゃしてたから腹だけは割れていた。後ろこんなんなのにね。すごいな。この自分の後ろ姿に衝撃を受けて、心の状態も最悪で、紙に書いてもカウンセリングしてもダメで、じゃあもう身体から変えてこうって思ったの。心の方だけに集中してもどうにもならなかったから。アプローチの方向を変えて、真面目に筋トレを始めたのがちょうどこの頃。

ジムには行けないから宅トレで、お友達がトレーナーをしているからzoomでフォームを見てもらったりして。3kgダンベルとバンドで1年くらい地味コツにやってみたんだ。めっちゃ地味だよ。

そしたらやっと最近「あれ?なんか肩がいい感じかも」と思えるようになって、去年はダメだったTシャツが綺麗に着られるようになっていた。肩で布を張らせるとシルエットが整うんだなと知った。引きで見た時に貧相にならない。


気付いたら心も随分と元気になって、「痩せたい」よりも「ここのラインをもっとこう整えたい」と思うよになっていて、無意識に避けていた炭水化物も摂れるようになって、諦めていた「食事を普通に摂る」ができるようになっていたんだよ。気付いた時嬉しかったなあ。ずっと欲しかった「普通に食べる、筋トレが習慣化する」が手に入っていた。

まだまだ脂肪もあるし顔は丸いし決して華奢なわけではないんだけれど、「デブやなあ」と自分の身体を見て思わなくて済む。これはわたしの精神衛生上とてもよいこと。

服を切り刻んだのも、もう半年以上前な気がする。


筋トレが全てを解決する!筋肉は最高!運動は正義!みたいなのは絶対に違うと思うし(出来る時と出来ない時があるし解決できないものもある、三島を見ろと誰かも言ってた、身体を強くすることが心を強くすることに直結するわけでは決してない)、人それぞれ体型の最適解はあると思う。

私はもう26で、いつまでも画面の向こうの外国人に憧れる時期はとっくに過ぎていて、この先一生自分の身体にイライラして心まで殴り続けるのは嫌だったから筋トレをやることにした。

筋トレと勉強は似ている。

自分の意志ひとつあれば結果がちゃんと出るところがすごく好き。

なんやかんやで「ここをこうしたい!絞りたい!」がまだまだあるからこれからも筋トレを続けていきます。

これは最近の腹。

f:id:turatura:20210627134057j:plain