オホホ

新卒で入ったところの、私をゴリゴリにやっていた局がメンタルクリニック通いになったらしい。
思わず口笛を吹きそうになって、ぐっと飲み込んで「あら〜!」と言った。画面越しの同期は経緯を聞かせてくれた。

機嫌が良くなってワインを開けたのは通話が終わったあとのこと。
ひゅ〜!!!
オンライン飲み会だからその場で開ければ良かったんだけどね、1人でツシマやりながらニコニコワインしたかったから良いじゃんね。ハ〜〜〜!!!
今晩だけは「因果応報は、ある」と言わせてほしい。
私のしてた仕事を引き継いで部内改変があって諸々の結果クリニック通いになったらしいんだけど(周りは「お前絶対メンタルやってないだろ」と思ってるみたいだけど)、とりあえず普通にざまあと思ってしまったのです。
性格よ。
その人がどの程度やばいのかなんて興味ない。
ただ、同じように苦しんでクリニックに足を踏み入れたのであればもうそれで満足。
これでトントンになった。
天秤はまっすぐになった。
もう記憶を薄めて良い。
他のものに埋もれて、いつの間にか忘れて、そういうこともあったなァの箱に入れられる。

気持ちもさっぱり憑物も落ちて澄んだ感じなので(こんなこと喜んでるけど澄んでるんだよ)、もう私は大丈夫。今の仕事がそこそこ面白くて人に恵まれててよかった。じゃなかったらもっと喜んでしまっていた。来年の春にこちらへ遊びにくるらしい。
うまい寿司屋に連れていくと約束。
鰆の時期だからちょうどいい、その頃私が何をしてるかは分からないけれど多分生きてる。