職場の人間に自分のことを話しすぎるのをマジでやめたいナ。

親の年齢が若いのもあって「エッ!?」と言われるのにも慣れた、慣れたけど、その割に生活水準が低くないことにも露骨に驚かれたりする。なんて失礼なんだ!!!!

普通の家なのに親が若いだけで変な補正がかかる、最低じゃない???

「お父さん俺と同い歳で自営業やのに俺より稼いでんちゃうか」と商社マン(元上司、肩書き:部長)に言われた時に「そらそうだろ、何をどれだけ犠牲にしてきたか知ってんのかよ、企業で部長様してヘラヘラしてるお前が何を判断してんだよ」と腹の中で思って「どうですかね〜」と返したのをいまだに夢に見る。根に持っている。

というか、今時牛の肉に部位書いたもんが乗ってるの見て「きゃ〜♡」とかいう新卒はいないだろう。ナメてんのか。ナメてたんだろうな。

東京での家探しの時ペニンシュラ泊まったのにも引かれて、両親が四季島乗ったときステーションホテルに泊まるっていうから一緒に泊まった時にも引かれて、クルーズ船で旅行すんのが好きって言った時も引かれて、なんかあと覚えてないけど色々引かれた。挙げ句の果てに「ここに社会勉強で来てるもんね〜」とか言われた。くそでは!?!

私の友達はそういう話をしても「お父さん旅行好きだもんね〜」「ドレスコードどのくらい?」と話を合わせてくれていた(合わせてくれてたのか??)からなんの違和感も持たずに話して、聞かれたことに馬鹿正直に答えていた自分をなぐりたい。


今の職場ではとりあえず「親が若い」までしか漏らしてないからもうそのまま口を閉ざす。大体今日のそれだってほぼ事故だよくそが。


どっかの誰かが「バカは生産性が高い(=後先考えずに子を作る」と言っててオーンとなったけど、蓋開けて発信者を見てみれば「高校卒業以降は働けばいいし大学行きたければ学費は自分で稼いでいけばいい」みたいな親御さんだったからそう言われるのも仕方ないのかもしれない。というかこういうのが蔓延するからみんなそういう目で見るようになるんだな。一例を見て全てを知ったと思わないでほしい。


ストレスなのか気候なのか黄砂なのかアレルギーなのか、また喘息が出始めていてこの時間からゲホンゲホンと始まる。メプチンは尽きた。処方してほしいが病院に行くのが億劫だしとりあえず加湿器を死ぬほど働かせて、カスカスになっているであろうアドエアを吸い込んで部屋を薄暗くする。

思い出すと腸が煮え繰り返って目がギンギンになってよくない、寝るぞ、私は寝るぞ、おやすみ世界こんにちは記憶さようなら悪夢!!!