死ぬほど蜜柑を食べる季節

近付いている。
我が家にはもう大量の蜜柑が転がっているから、一度に3つずつくらい食べている。シーズン本番になると余裕で10は食べる。その位しないと処理が追いつかないのである。
紅まどんなは大きいから一度に1つが精一杯。
蜜柑で太ったためしがないし、手は引くほど黄色くなるけどおいしいし個数は気にしないのですよ。
私は皮をお花のように剥くのだけれど、東京にいたころそれをやったら「うわ〜!」と言われた。あの部の人はみんな一筋ずつ剥いていた。面倒じゃない?ある程度剥いたら切り離さずに隣の皮を剥いて...とした方が楽だ。白い皮をちみちみ取ってる人がいたのも面白かった。皮を剥いたら半分にさくっと割って、そのまま何房かを一気に食べる。(これは妹に行儀が悪いと怒られる)

全てが嫌になる時期がきて最近ちょっと調子が悪い。
そこにきてショックなニュースがあり、アーーーと思って漢方を飲んだ。ルシェルで可愛いな〜と思ってたやつが68%オフとかになってて買った。価格設定とは。アイシャドウにも親指が向きかけたけど自制する。月の固定項目(娯楽部門)、楽天マガジンと若林のnoteだけだから3,000円もいかないのに。
仕事に行くのが億劫だなあまた1週間をやるのかあと思って日曜の14:00から憂鬱になりかけている。アホでは。
ツシマを黙々とやってメインを進めた。
二重の彫りがまた深くなったと言われても全てはツシマのせいなのよ。疲れ目がひどい。
1週間くらい休暇が欲しいなと勝手なことを思う。無職の頃はあんなに辛くて仕方なかったのにゲンキンだ。昨日の夜小料理屋で食べた魚はどれもおいしかったけれど、いつのまにか友達が「俺らもう25でやばいわ」と言っていて辛かった。何がどうやばいのか、やばくならないよう考えればいいのに彼はだいぶ中年のおっさんに寄っていた。ひとつ何かが閉じる音がした。いや面白かったんだけどね。加減が難しい、うまいことやりたい。すぐにシャッター下ろす癖をゆるくしていく。

ツシマで蒙古の船を撃ち落とす場面があって6回やり直した。没頭はネガティブを黙らせる。目が疲れないのであればずっとやりたい。